Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Notice: Array to string conversion in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/libraries/joomla/cache/cache.php on line 584

Strict Standards: Only variables should be assigned by reference in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/templates/local/ja_templatetools.php on line 81

Strict Standards: Only variables should be assigned by reference in /home/ashitaorgftp/ashitaenosentaku.org/templates/local/ja_templatetools.php on line 100
ルイ・シホヨスさん Part 2 / Mr. Louie Psihoyos Part 2
 

あしたへの選択

ルイ・シホヨスさん Part 2 / Mr. Louie Psihoyos Part 2

Email Print
Vol. 4 ルイ・シホヨスさん パート1/ Mr. Louie Psihoyos Part 1



海洋保護/環境についての参考資料リンクはこちらから
「太地町漁協組合へお話を伺いました」はこちらから

食品安全委員会による資料では魚介類の総水銀の
75~100%はメチル水銀であると推定されている、
と述べられています。
資料はこちらから。



イルカショーでのイルカの気持ちを知ったなら・・・
イラスト 椿 りとな



THE COVE

ドキュメンタリー映画監督

ルイ・シホヨス氏 スペシャルインタビュー


Part 2


「ザ・コーヴ」が7月31日に米国で封切りされた翌日から数えきれない新聞とウエッブニュースとブログが「ザ・コーヴ」とイルカ猟について伝えた。現在は続々とヨーロッパで封切りされ、ついに東京国際映画祭も初めの決定を変更し上映に踏み切った。

封切り前は、日本では映画トレーラーのイメージからも日本へのバッシングと 受け取られていた。しかし、蓋を開けてみると、初めにこの映画を観た米国人の反応はイルカ殺戮の残酷さに対する悲しみと怒りと憤りを通り越して自分の心に残るのは数々の疑問であるという現象が、メディアからも、また封切り当日上映後のシホヨス監督への質問からも伝わってきた。

その疑問はこのように伝わってくる。あんなに隠したり伝統と言ったりしているのだからさぞかし日本人にとってイルカ猟は大切なことなのだろう。しかし本当に日本人全体がイルカ猟を伝統と思っているのか。伝統ならばどのように日本人の生活のなかで敬われているのだろうか。日本人は本当にイルカ肉のメチル水銀汚染を知らないのであろうか?政府も知らないのであろうか?誰も病気になっていないのであろうか?本当に太地の人の体内水銀レベルはノーマルなのだろうか?学校給食について親は心配でないのであろうか?欧米での家畜屠殺は同じことではないのか?どう違うのか?闘牛は隠し撮りする必要がないから映画にならないのか?(最後は筆者の疑問)


ルイ・シホヨス監督
「ザ・コーヴ」公開初日
アンジェリカ・シアターにて
Photography by Kozue Watanabe


イルカ猟は本当に伝統にのっとってイルカ肉を食するためのものなのか?それとも水族館のビジネスのために野生哺乳動物の捕獲と残りを食用に殺戮しているのだろうか?それならば、世界中の水族館の責任はどうなるのだ?では水族館でイルカショーを観る我々はどうなのだろう?質問はぐるぐると回っているようだが、悲しみはなかなか消えない。

さて、「ザ・コーヴ」を観た。あらゆる映画祭で観客総立ちの拍手を受ける理由がわかった。「ザ・コーヴ」はまさに映像体験を与えてくれる。今は矢継ぎ早に環境や動物保護の映画が公開されているが、それは、頭で理解することを超えて私たちが今までに知らなかった何かを体験させるパワーを、映画という表現方法が持ち得るからだと思う。「ザ・コーヴ」では観客の私たちも今まで知らなかった秘密の入り江に行き目撃する。実際のイルカ殺戮シーンを撮影するために、前回のインタビューでもお知らせしたとおりハイテク機器を使い、世界中から選りすぐりのスタッフを集めて、「秘密」に挑戦する。無呼吸ダイバーの世界チャンピオンが夜の入り江に侵入する。イルカたちは翌朝の屠殺前にどんな声を発しているのか。どんな言葉を交わしているのか。観客の私たちもその声を一緒に聞く。この映画は秘密の入り江での出来事を体験させる一方、リック・オバリー氏のヒューマニティードラマでもあった(オバリー氏は60年代のテレビ番組「わんぱくフリッパー」のイルカ調教師であったが、ある日目の前でフリッパー役の一頭が自分で呼吸を止めて死んで行った日を境にイルカ解放の活動家になられた)。莫大な利益をもたらすイルカショーやイルカと泳ぐための巨大ビジネス。自らが築いたその巨大なシステムに今は挑み、イルカが捕われている囲いと壁を崩す人生を歩んでいる。イルカたちを自分の家族や子どものように愛しているのだ。


リック・オバリーさん

Photography by Oceanic Preservation Society


劇場に早めについたのでロビー内のカフェに行ってみると、シホヨス監督が隅に座っていた。新聞を読んでいるようだったが目があったのでご挨拶だけした。開演前なのに「新聞、面白い記事がちょうどなかった」と言って私も座れるように席を開けてくれた。これから始まる一般初公開のあとに質疑応答があり、自分の答え次第で映画の捉え方も決まってしまうのではないかと心配されていた。心配されるのも想像がつく。何せニューヨークは批評が辛口だ。思ったとおり、上映が終わると拍手は長く沸き起こったが、立ち上がって歓声を上げている人は誰もいない。(第一そんな風景をニューヨークの映画館で観たことがない)そのかわり静かに座っている。みんな頭の中でいろんな質問がぐるぐる回っているようだ。シホヨス監督がご挨拶されて質問が始まると、真っ先に子ども連れの母親が手をあげた。質問は「このイルカ殺戮を止めるには私たちに何が出来ますか?」次から次へと質問が出され、会場に来ている海洋生物研究者がまたシホヨス監督に変わって答えていく。ある科学者がこう言い切っていた。「このイルカ猟は水族館にイルカたちを供給するためにも行われているのですから、あなた方ひとりひとりがイルカショーのチケットを買わないことです。イルカはタンクの中で繰り返し芸をさせれば長生きはしません。死んでしまっても水族館はあるのですから次のイルカが必要になるのです。どうかイルカショーや一緒に泳ぐイルカのプログラムにお金を支払わないでください。そしてあなたの家族にも友人にもそれを伝えてください。」イルカ猟が残酷か否か、日本人がどうのこうの、なんていう話は一切出なかった。



「ザ・コーヴ」制作チーム 
この小型ヘリコプターで秘密の入り江を撮影。これはクジラ?

Photography by Oceanic Preservation Society


一通りの話が終わって上映室から出てくると、シホヨス監督とカメラマンを担当された方もいて、すぐに感想を聞かれた。「私たちは動物保護団体なのでイルカ猟のことを知らせてくれてとても感謝しています。でも個人的にはオバリー氏のドラマとして観ました。とても感動しました。」と伝えた。そして「イルカ猟は実際に行われていてそれは残酷だと思うし、こうして映画を通して経験するのはよかったと思う」と伝えると、監督は「でも水銀のことを知らせるのも大切だね」とおっしゃった。「本当にそうです。でも人間が他の生き物の気持ちを理解し、その命と営みをどう敬うかを考えるのは同じように大切だと思う。私たちは殺さずに生きる方法を模索すべきと思います。」と答えてみた。すると「でもほら君のバッグは皮で出来ているじゃない?こういうのはいいの?」と茶目っ気たっぷりにこちらを見た。私のバッグなのに、なぜかいつも先に答える渡邊(CFTコファウンダー)が今回も「いえ違います。わたしたちはビーガンですから。」ときっぱり言う。監督は「あー、なんて僕はひどいんだろう~~」と言って自分の靴に目を落とした。そういう監督もほとんど菜食なのだそうだ(小魚は召し上がるらしい)。

前回は「ザ・コーヴ」とイルカ猟についてインタビューさせて頂いたが、今回は海洋保護協会 (Oceanic Preservation Society) のエグゼキュティブ・ディレクターとしてもお話を伺うことが出来た。

CFT:
この映画のすごいところは沢山の大切な質問をしてくれるところだと思いました。

シホヨス監督:
この映画には答えるより問いかけてほしかったのです。テーマが挑発的なので、イルカのショービジネス業界や食肉にされる動物のことについて話し合うことが出来ます。

日本の方々は「それでは鶏や牛はどうなのでしょう」という疑問を持つかもしれません。すると動物の権利についてや、また人間性についての話にもなるでしょう。人々は動物を殺すのは仕方ないけれど、でもどう扱うかが問題だと言うかもしれません。すると動物福祉のことや、クルーエルティー(残虐性)についても考えることになります。



All the photos of Mr. Psihoyos by Minori Yoshida

そして最も大切なことですが人間が人間に対して行う非人道性の問題も出て来ます。映画のストーリーが進んで行くと、日本人であるかアメリカ人であるか、あるいは他の国籍であるかにかかわらず、これらの問題が見えて来ます。情緒的にその問題とつながります。

リックの話を信じるかどうか、彼に賛成するか否かに関わらず、彼の動物たちへの共感を理解し始めるでしょう。それは物語にとって大切なことだと思っています。


無呼吸ダイビング世界チャンピオン, マンディー・レイ・クルークシャンク
Photography by Oceanic Preservation Society


はじめは太地町の漁師が悪者として登場します。でもストーリーが大きくなっていくにつれて、この映画の仕事は観客全員が実はみんな悪者なのだということを理解し始めるところなのです。



今日みたいな晴れた日に、私たちはエアコンのきいている場所にいます。そのようにつながりがあるわけです。海洋を汚染していること、動物たちを汚染していること、世界中の食料供給源を汚染していること(あなたたちがアニマルライツグループなのは承知していますが)、これらはすべて私たち全員の責任だということが、この映画のより大きなメッセージなのです。動物たちを食べようとそうでなかろうと、わたしたちは非常に早いスピードで海洋汚染を悪化させています。

なので「ザ・コーヴ」は私にとってはただの「入り江」についての物語ではないのです。もし観客がストーリーの展開に注意を払って、そして私がちゃんと映画作りの仕事をしていれば、物語は徐々に大きくなっていき、ついにはそれが日本の問題ではなく世界中の問題であることを理解出来るはずです。わたしたち全員がその問題をつくっているのです。私はそれを倫理的に行い映画を送り出しました。

ようやくストーリーがまとまって来た頃、映画のエディターたちとライターはこの物語は入り江について語られるべきだ、太地町の漁師たちについての物語にするべきだと主張しました。でも私はそれでは物語が小さくなってしまうと言い続けました。私にとっては、物語を見終わってからそれが自分に戻って来て、そして自分自身を見つめることが出来なければ、私は仕事を全くしなかったことになってしまうのです。私は起こっている悲劇に対して観客全員が責任を感じてほしかったのです。日本人だけではありません。もしかするとあなたは日本人で、この映画は日本人を攻撃していると思うかもしれません。でも、見てくださればそれは「入り江」よりも大きなことだと理解してもらえると思います。

CFT:
私たちは公開初日に上映室にいる唯一の日本人のようでしたが、全く居心地が悪いという感じはしなかったです。それよりも、皆さんの質問を聞くのは嬉しい体験でした。「どうしてこれが起こっているのか」、「誰がサポートしているのか」、「イルカたちに対するこの残虐な行いをどうやったら止めることが出来るか」など。

シホヨス監督:
そうですね、それとイルカを生きたまま捕獲して利用する商売は、利益で言えば恐らく日本よりもアメリカのほうが大きいでしょう。日本には50館ほどのイルカショーを行う水族館がありますね。アメリカは10から12施設があると思います。「シー・ワールド」は巨大ですよ。

(*リック・オバリー氏 にCFTが問い合わせたところ、太地町のイルカたちの輸出先は、過去にシー・ワールドSea World/dolphon show video、マイアミ海洋水族館 Miami Seaquarium/dolphin show video、米国海軍US Navy、メキシコのインディー動物園 Indy Zoo/dolphin show video, Mexico、ハワイのジェイ・スィーニー - ジェイ・スイーニーという獣医がつくったドルフィン・クエスト Jay Sweeney's Dolphin Quest/touching dolphins video, Hawaii、トルコやフィリピンなど、ということだった。太地町立くじらの博物館資料では中国という記述がある。また太地町が太地町立くじらの博物館を通して、漁師から買い上げた値段の7倍の値段で中国に売っているという報告もある。)すい

CFT:
この映画をつくるためにどのくらいリサーチされたのでしょう?

シホヨス監督:
3年半リサーチしました。いろいろな情報源がありました。エルザ自然保護の会ブルー・ボイスのハーディー・ジョーンズ、リック・オバリーの団体(日本のイルカを救いましょう)、リックはワン・ボイスアース・アイランド・インスティテュートにいました。そうですね、イルカが殺されている最大の原因はアメリカやメキシコのマグロ網漁でしょう。相当の数です。

CFT:
太地町のイルカ猟の関係者とお話される機会はありましたか?

シホヨス監督:
太地町立くじらの博物館館長とは多く会話をしました。彼はまだ若い方です。アメリカのニュー・ベッドフォード捕鯨博物館でアシスタント・キュレイターをされていたことがあります。彼は私がいろいろな問題を理解するために沢山助けてくれました。彼はご自分を人類学者だと言い、捕鯨についての歴史的な研究を行って来ています。しかし国際捕鯨委員会(IWCーInternational Whaling Commission / 商業捕鯨モラトリアム)で彼を見ると、捕鯨が許可されなければ太地町の比較的貧しい人々が困るということを、漁師を代表して意見を述べるようにたのまれています。ですので彼が「私はそれらの問題とはあまりかかわりがないのです」と話しても、国際捕鯨委員会の会議の壇上で日本の若者を代表して話せば、それは違うと思えます。いいえ、彼はその問題の一部なのです。ご家族も太地町にいらっしゃるし、そのような仕事はきっと難しいでしょう。今では毎年IWCの会議で会います。彼はいつもたのまれたことを発言したり振る舞ったりしています。私はそこで彼に聞きました。「あなたは自分のお子さんにイルカ肉を食べさせますか?」彼は食べさせないそうです。「どうして?」と私は聞きました。「水銀汚染について私ははじめあなたがくれた統計を信じていませんでした。私たちはあなたが嘘をついているか大袈裟に言っているだけだと思っていたのです。」それで私は「どうして変わったのですか?」と聞くと、「日本のメディアがイルカ肉の水銀問題を報じたのです。なので今はその統計を信じています。」(晴れない「汚染鯨肉を給食に使用」の疑惑(1) 2007/09/05 及び、晴れない「汚染鯨肉を給食に使用」の疑惑(2・終)2007/09/09) 「ということはまじめに僕たちが嘘をついてると思ったのですか?」と言ったのですよ。自分の国のメディアが報じるまで信じることは難しいのですね。それでわかってきたんです。そうか、欧米人の統計を信用するのは簡単には行かないことを。

この映画が興味深い会話の始まりになることを期待しています。何が起きているかを皆が理解するのを手伝いたいと言ってきてくれる日本人の方も沢山います。この話を自分の国に帰って伝えるのは非常に難しいのはわかります。あちこちの大使館とつながりのある方々が何か出来るかもしれないと言って情報を得ようとしています。良い会話がスタート出来ることを望んでいますよ。これは単なる過程ですから。一晩で起こることではないのです。何週間も何ヶ月も何年もかかるかもしれないことです。あなたたちの国でも、私の国でも、何か意味のある変化をもたらすことは長い時間がかかりますよね。そうですね、ちょうど女性が選挙権を獲得し、私たちが黒人の大統領を選出するのに長い時間がかかったように。昔は私たちの国で白人と黒人は別のトイレを使わないといけなかったしパブだって別れていました。クレイジーですよ。でもね、これがアメリカで、差別がある他の国々とそんなに違いはないんです。

CFT:
この映画はいろんな違ったタイプの人々に別々のドアが用意されている感じです。そこを開けて問題を見る、というような。

シホヨス監督:
僕はそれがやりたかったんですよ。そして騒動を巻き起こしたかった。自分自身に対してそれをしたんです。この問題を自分がすべて把握していると思っているわけではありません。健康の問題と人道主義の問題を自分にもあてはめています。OK、私は20年前に歩くものは食べるのをやめました。でも昨日言ったように私はまだ皮のベルトを使い、皮の靴を履いています。なので自分の中に偽善があることを認識しています。彼らを食べないことはいいですよね、では着ることは?それはいいの?鶏や豚を食べないけれど、じゃあ卵は食べてもいいの(*米国の養鶏ファクトリーファームでは 雄が生まれた場合 生きたままシュレッダーにかけて殺すそうです。これがスタンダードな殺処理法で、映像が9月に報道されました。)?そういうことが自分の中で沸き起こって来ています。私はこの映画に自分で対面することによって少しは人間的になったような気がしています。この映画にしてほしかったことは、観た人が人間であるという自分自身の意義に向かい合って、自分自身のヒューマニティーを発見することです。レストランでメニューをオーダーするときに自分自身に質問が沸き上がったり、家に帰って自分のペットが違ったように見えたり、あるいはエンターテインメントというものについて考えたり。

私にとって人生で一番パワフルな映画は「アースリングズ」でした。観るのが本当につらい映画です。一度にでなく段階を踏んで観る必要がありました。実際、一緒に働いている皆が私は「アースリングズ」を観るべきだと言ったのです。やっとのことで見始めても10分も経つと止めなければなりませんでした。本当に見るに耐えない。この映画はみんなを天使にしてしまう整形手術を施すようなものですね。

CFT:
本当にあの映画は誰をも変化させてしまうパワーがありますね。全く同感です。
ところで「ザ・コーヴ」は日本での配給の予定がありますか?

シホヨス監督:
私は始めて映画制作をしたので、日本での配給の仕方がわかりません。第一、映画を日本の皆さんに見せたくないようですし(*この時点では東京国際映画祭上映も断られていました)。でも私たちは必要なことは何でもします。そうそう今、日本語の音声吹き替えを録音中なんですよ。

CFT:
そうなんですか!?

シホヨス監督:
ええ、8人か9人の俳優がイギリスで録音しています。日本でロバート・デニーロの声優をする人が私の役をやってるんですよ(笑)。

CFT:
は?

シホヨス監督:
すごく変わった冗談だよね、ははは!

CFT:

あ、冗談?ははは・・・

シホヨス監督:
そうなんですよ、彼が僕の役をやっているんですよ。ジョークみたいでしょう?(笑)

CFT:
あ、そうなんですか!?それはすごいですね!

シホヨス監督:
ところで水銀のことがニュースにならないのはコワいですね。国際社会では日本人はなんでも情報があって、すごく頭が良くてテクノロジーも2年先を行っていると思われています。だから政府による情報のフィルタリングシステムがあるなんて誰も理解出来ない。私たちの政府も同じことをするけれど、それが起こると私たちはそれを感じてものすごく怒る。でも日本人が情報がないことがあるなんて。本当にコワいことですよ。

CFT:
でも恐らく8月末に政権が変わると思っています。するといろいろな情報も出てくるのではないかと思いますが。

シホヨス監督:

政権が変わってからアメリカにとって新しい世界がやってきた感じでしたね。精神的に未成熟な者が政府の責任者だったんですよ。重い圧迫を皆が感じていたんですよ。とても恥ずかしいことだった。日本の人にとってはイルカ猟や水銀問題や隠されたことを知るのはショックかもしれない。でも想像してみてください。精神的に未成熟な者が政府の上に立って戦争に行けるようにいろんなことを素早くでっちあげて自分にお金が入るようにしたんですよ。それを直したんです。その重さが私たちから持ち上げられたとき、プライドの感覚を取り戻しました。マッチョなプライドっていう意味じゃなくて(ゴリラみたいに胸を叩く)。私にとってのアメリカは理想があって、価値観や国際的なリーダーとしての責任があった。でも私たちはジョージ・ブッシュやディック・チェイニーが政府をあんなに長く操れることが出来るように、自分たちを売り飛ばしてきたんです。そうですね、あっという間のことでした。オバマが大統領として選出されたとき、この映画をサンダンス国際映画祭で見せているときだったけれど、スピリットが持ち上げられる感じでした。そこにいる皆の中でただ感じることが出来た。やっと解放されたという溜息を世界中がしたんです。

それであなたたちは同じ政権が50年以上続いたんですよね?もし政権が変わったら、日本の人々がどんな気持ちになるか想像出来ます。オバマの前にどんな政治家にも何もあげたことはなかったけれど、オバマには寄付をしました。(笑)

CFT:
これから若い人たちにとってこの世界をどのようにリードしていくか、どんな世界になっていくべきか具体的な方法やビジョンがどんどん出されてくるとよいですね。今のままで人間が飽食を続けて行けば人類は数十年しか持たないかもしれませんね。

シホヨス監督:
私たちは有機体としてかなり弾力性があるからこのまま苦心してがんばるでしょう。恐らく更にもっと進んだ汚染の中でも生きていくことが出来ると思います。でも、それをすると、劣化した環境に生きることになるし、劣化した自己感覚と生きることになると思います。ということは野生の動物ならばしないことをすることになります。

私たちは今、野生の動物よりも劣った存在ですね。私たちは地球を使い尽くしています。どんな野生動物もしないような大規模な方法で行っています。私たちは動物よりも自分たちのほうが上位にあると考えたがります。でもこの映画の道徳に関するテーマは私にとって・・・イルカは唯一野生の動物の中で人間を助けることで知られていますが、そのイルカを救う唯一の方法が、自分たちが投げ捨てた物質によってひどく環境を汚染することでイルカたちも汚染され、そしてもう食べることが出来なくなるということです。そこに不気味なアイロニーがあります。そして学ぶべきことがあります。イルカたちが私たちの命を本当に救ってくれるかもしれないのです。これが耳を傾ければ聞こえる本当のストーリーです。

でも私たちのそれぞれの世代が大規模な衰退を経験しているのです。カリフォルニアに2週間前に友達と一緒にいて、彼が教えてくれたのですが・・・。彼がよく行くダイビングスポットがあります。この場所が彼の子ども時代とても美しかったことを覚えています。でもそのとき彼の父親はもうそこにダイビングには行かなくなっていたそうです。そして彼は父親に聞きました。「どうしてもうダイビングに行かないの?」そして彼の父親はこう答えました。「昔がどんなに美しいところだったかおまえは知らないんだね」と。その場所は私の友人にとっては理想的なパラダイスだったので、彼は私にこう言ったのです「想像してみてくれよ、父の時代のこの海を」。そして30年後に今度は彼は自分の息子とそこへダイビングに行きました。彼の息子はそこを美しいと思いました。ですから息子は父親が見た海を想像することすら出来ません。そのように、世代はギャップが大きくなり感覚の劣化が起こっていきます。

昨日、映画館で話しましたが、この映画のスポンサーでもある友人のジムが結婚式を挙げるので、バージン諸島に行ったときの話です。20年前にそこでダイビングしたことを覚えていますが、美しい場所でした。そして別の友人の子どもがシュノーケリングを学ぶということでそこで一緒に潜りました。彼女は7~8歳くらいではじめてシュノーケリングに挑戦します。でも、その海の底は死んでいました。単に灰色で活気もありません。小さな岩礁があってそこにほんの小さな魚が通りがかりました。小さなオレンジ色の魚です。で、彼女はシュノーケルを通して叫んでいました。このかわいそうな子どもは「美しい」って叫んでいたのです。そのように私たちはものすごく早く滑り降りているので、似たような過去さえ持たなくなっているのです。

またこんなふうにも見れます。私は自分の人生をこのように生きたい・・・たとえば、友達の家に遊びに行きますね。そしてまた来てくださいと言われたい。散らかしたりせずに自分の持ち物をちゃんとしたところに置いたり、お皿を一緒にかたづけたり、お手伝いするわけです。食べ物を買い、料理を作るのを手伝い、そしてまた招待してくれるわけですね。でも私たちはそれを地球にしていないのです。私たちがしていることは、めちゃくちゃに散らかして、他の人が片付けているそばからゴミを捨てていっているのです。それを捨てている人はそれが汚いということがわからないのです。このようにあてはめて考えることが出来ます。私たちはなくした物がいったい何なのかも、わからなくなっていくのです。


Courtesy of Greenpeace Japan

CFT:
そういった海洋のデッド・ゾーンを写真に収めてウエブサイトに載せていらっしゃいますか?

シホヨス監督:

写真には撮影していますが、まだウエブサイトには載せていません。

OPSが「ザ・コーヴ」の他に今行っているプロジェクトがあります。私たちは過去に製造された海底撮影用カメラで最も優れたものを購入しました。海底を撮影する写真家として一番優れていると私が思っているデイビッド・デュブレーが言うには、このカメラは聖杯だと(笑)。65メガピクセルの新しいカメラで光学系が驚異的なんですよ。2メートルから3メートルの写真が撮れて、ものすごく美しいんです。空気をリサイクルするダイビングギア(Re-Breather)をつけてエアバブルを出さないで潜ります。映画のようなライティングセットをしてこの大きな地球の一部を撮影します。すごい映像になります。

でも、「ザ・コーヴ」を経済的にサポートした友人のジム・クラークは、人間性についてあまり希望を持っていないんです。彼はもう遅すぎると。人間は欲ばかりで、すべてはもう終っているのだと思っています。それについて出来ることは何もないと。なので彼は私たちをOceanic Remembrance Societyー海洋思い出協会ーと呼ぶべきだと言っています。(笑)

CFT:
あはは。それは笑えますね。

シホヨス監督:

私の希望ですが・・・映画と音楽は私たちの世界を変えたいとき最終的に素晴らしいツールですね。情緒的に大規模な人々の関心を向けさせることが出来ます。何かが起こる必要がありそれが巨大なスケールで起こる必要があるときに。目覚めのようなことです。他にどんな方法があるのかわかりません。闘いは巨大ですね。私にとってはひとつの戦争です。自分自身に対する闘いです。わたしたちは本当の戦争がどんなものかも理解していないのです。本当の闘いは人間性を救い地球の環境を救うことです。


Courtesy of The Bay VS The Bag


このニューヨークの街に座って何が変化しているのを見るのは難しいですね。公園で妻とランチを食べて、周りはとても綺麗で・・・たぶん100年前もこんなふうだったのでしょう。ここで環境の変化を見るのは難しいです。ここからすべてが始まって海洋に行き着きます。そして海洋はひとつのコミュニティーと言えます。私たちは太平洋、大西洋、南極海と呼んではいますが、ひとつの海です。日本は島ですが、でもアメリカも島です。私はすべてを一つの大きな美しい青い球として見るのが好きです。私が最も楽しいと思うことのひとつにダイビングがあり潜水してもうひとつのユニバースを見ることです。でも、海洋の劣化がひどすぎてやはり恐ろしいです。エモーショナルにそう感じるのです。

地球の歴史におい5度の大量絶滅ーオルドビス紀末、デボン紀末、ペルム紀末(P-T境界)、三畳紀末、白亜期末(K-T境界)ーがありましたが、それはすべて共通点があります。何かが起こって恐竜であったり生物が絶滅する。地球にとっては単なるひどい週末のようなものかもしれません。絶滅はしますがでも一晩で起こるわけではないのです。私はペルム紀末から白亜期末までの絶滅を研究して「Hunting Dinosaurs」という本を書きました。私たちは今、6度目の絶滅期のピークのようなところを通っています。海洋酸化(酸化の最大原因は空気中の過剰な二酸化炭素と汚染、二酸化炭素放出の主要原因は肉食と言われています。 )のためにすべての珊瑚礁を失いつつあります。もし珊瑚礁をすべて失えば、2100種の生物が絶滅します。それらが絶滅したら人間は何を食べていくのでしょうか。OK、ベジタリアンという方法もあるでしょう。もちろんそれも良いですが、でもね、一度失ったものはそう簡単には戻せないのですよ。


Courtesy of Greenpeace Japan

CFT:

映画の最後でリックさんの心の泣く声が聞こえてくるような気持ちになりましたが、考えると地球が泣いているようでもありますね。世界中の多くの人が実はもうこの声を聞いているのではないかと思っています。私たちは動物たちを商品として扱っています。それはすなわち、自分たちをも、物のように扱っていることになると思います。動物たちを裏切りることは自分自身を裏切ることでもあります。つながっていると思います。動物たちをこれからどうやって大切にしていくか、自然を守っていくか、そして人間は自分たちを本当の意味で大切にしていくか、方法を見つけていかなければならないでしょう。

ある友人から聞いたのですが、カナダのアザラシ猟をする親を持つ子どもが始めて赤ちゃんアザラシを殺すところを見て泣くそうです。しかしだんだんと、泳ぐことも出来ない行き場のない赤ちゃんアザラシを殺すことを覚えていきます。親の愛やコミュニティーから受け入れてもらえることを条件に。その子どもにとっても赤ちゃんアザラシのように逃げ場がありません。

自然をただの資源とだけみなし動物たちを単なるプロダクトとして見ることによって出来上がった世界が、今私たちが目の前に見ている世界の姿ですね。人間の役割は地球上の生物の守護者であることかもしれませんね。

シホヨス監督:
次は私たちが今通っている6度目の絶滅期についての映画をつくりたいと思っています。素早く問題が見渡せ、事実として問題を確認し、そして解決策まで提示していきます。ということで、私たちには次にやりたいことがあり、そのツールがあります。

CFT:
今日はご多忙のところ沢山のお話をお聞かせくださり、大変ありがとうございました。



Courtesy of Greenpeace Japan

公開日は弊団体のスタッフも劇場でのチラシ配りに参加した。そこにはEII(Earth Island Institute)のメンバーがいて、CFTボランティアさんの一人が和歌山県出身だということがわかるや否やまるでヒーローかのように大いに興奮し、通りがかったシホヨス監督に「この人和歌山県出身なんですってーー!!」と叫んだのだそうだ。シホヨス監督もつられて「それは大変だ!こんなところでチラシを配っている場合でない!」と叫び、「早く映画を観てきなさいっ!」とチケットをくれたそうだ。彼女は子どもの頃給食でクジラ肉を食べている自覚はあったが、イルカ肉も食べる習慣があるというのを全く知らなかったそうだ。「一年くらい前に遠い海の向うのイタリア人の友達から教えられました。彼は相当びっくりして、私に現状を聞いてきましたが、私も彼以上にショックだったことを覚えています。私も家族も少なくともまわりの親戚も知らなかったと思います。私は、食べたことないよ、と答えました。もともと、海の動物(特にラッコやペンギン)が好きで、水族館へはよく足を運んでいたことを覚えています。ですので、私のイルカのイメージは『ショーで登場する運動神経抜群の人気者』でした!」と話してくれた。太地町に住んでいたわけでもないからか、伝統と言われてもピンと来ないと。映画が終わると、和歌山県から来た人気者としてスタッフやニューヨーカーに囲まれていた。「沢山の人に観てほしい」と言っていた。彼女も人間と動物の苦しみを少しでも減らしたいと思っているひとりだ。

厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課担当 浦上氏はジャパン・タイムズ9月23日付けのイルカ猟とイルカ肉水銀含有量についての掘り下げた記事「Q&A Details on how Japan's dolphin catches work」の中で同紙にこう答えている。「動物保護グループが批判しているからと言って、食品安全基準に変更はない。(The criticism does not affect the health risk of residents in Japan. We do not have to change our stance just because animal protection groups say something," Kenji Urakami of the ministry's Standards and Evaluation Division said.)」

でも・・・水銀のことはどうしたのだろう。もしかして北海道医療大学遠藤教授の水銀に関するレポートについてはご存知ないのかもしれない。

また同紙に水産庁のオカダヒデアキ氏は「イルカを殺すのは牛や豚を殺すのと何ら変わりがないと考えています。もし殺し方が問題なのであれば、方法を改善します。("We think killing dolphins is no different from killing cows and pigs. We will reconsider how to kill dolphins if killing methods are a problem," Okada said. )」と話している。

・・・確かに牛や豚を殺すのもイルカを殺すのも同じであり、サルを殺すのもチンパンジーを殺すのも犬を殺すのも同じだ。オーストラリアでカンガルーは殺され、アフリカではゴリラやゾウが殺される。中国が犬を大量に撲殺していれば世界中の動物保護団体は批判するであろう。そして、イルカ猟に反対しているほとんどの動物保護団体は家畜屠殺も批判し闘牛も批判する。「ベジタリアンになって地球を守ろう!」というキャンペーンを展開する。ましてや、欧米の動物保護団体が批判したからと言って、「欧米が日本を批判している」という取り方をさすがに新政府もしていないであろう。国内の動物保護団体も反対しているのだから。

9月22日にニューヨークの国連で行われた気候変動サミットで日本の新しい代表、鳩山首相がスピーチを行った。20年までに1990年比25%の温室効果ガス削減の中期目標を「国際公約」として表明した。そして、こう結んだのだ。「産業革命以来続いてきた社会構造を転換し、持続可能な社会をつくることこそが、次の世代に対する責務だ。」と。

「持続可能な社会をつくること」この言葉の意味は私たちの未来において重い。この言葉でスピーチを結んだ日本の首相をとても誇りに思えた。

これが世界に向けての表明であるということは、私たち日本人が世界へ向けたメッセージでもある。自然や動物を単なる資源とみなして産業を起こして行く時代はもう終わったのだ。人間のためだけを考えて世界を構築していく時代も終わった。なぜならば、そのようにして今の世界のように他者への暴力に満ちた世界が出来上がり、暴力は自然をも破壊し地球はもはや持ちこたえることが出来ない。わたしたち各個人が生きる方法とビジョンを変えなければ。

「ザ・コーヴ」はそのような人間の新しい舞台が幕を開ける予感と期待を感じさせる映画だった。

〜 〜 〜


以下はイルカを含む野生動物についてご覧頂きたいウエブサイトや映像をリストしてみました。
(英語のみのサイトも含みます。)

イルカ肉水銀汚染の危険 Mercury danger in dolphin meat / The Japan Times
ジャパンタイムズが9月23日付けの記事でイルカ/クジラ肉の水銀問題を掘り下げてレポートしました。北海道医療大学の遠藤教授が太地町町民の髪の毛のサンプルから水銀含有度を測定したところ、一般の日本人に比べ10倍の水銀汚染を受けていることを報じています。

市民ネットワーク主催によるキャンペーン「水銀いらない」サイト
イルカ肉は日本政府の水銀含有暫定基準の10倍から5000倍もの水銀を含みます。そしてその消費された水銀はどこにも消えず日本全国を汚染しています。過去10年に40万頭分のイルカに含まれる水銀は日本国内に蓄積しています。水銀はどのようにイルカの体内で濃縮し、そしてその水銀はどういった影響を人間、そして子供たちに及ぼすのかどうぞ知ってください。

イルカとクジラ捕獲 太地の追い込み漁 / 紀伊民報
(*ここで伝えているマゴンドウクジラはイルカとほとんど変わらない大きさです。
こちらの写真の真ん中の頭の丸いほうがPilot Whale、すなわちマゴンドウです。)

大型鯨類と小型鯨類

WWF - Disappearing dolphins clamor for attention at whale summit
WWF(世界自然保護基金)は小型鯨類(イルカやマゴンドウなど)も大型鯨類と同じように生息数の減少は危機的な状況だと訴えています。


子どものマゴンドウが楽しそうに群れの中を泳いでいます。/ Youtube映像

素晴らしい光景です。ボートの真横をマゴンドウが大きな群れで泳いでいます。/ Youtube映像

イルカ猟がアメリカの人気アニメ「サウスパーク」のテーマに。フルエピソードがウエブでご覧になれます。

The Cove Exposed
9月9日に太地町ではイルカとマゴンドウの追い込み猟が行われ、イルカは水族館に売るため十数頭ほど選別され残りは逃がしました。しかしマゴンドウは50頭屠殺されました。マゴンドウはオバリー氏によれば(サイズは少し大きいがほとんど変わらない)、どんな種類の生き物よりもその肉は水銀値が高いそうです。このマゴンドウはクジラとして日本国内で消費されています。マゴンドウは日本での検査によれば水銀値は暫定基準の10倍以上でした。

日本でイルカ猟を許可している県名マップです/ All-Creatures.org

入り江にオルカが追い込まれ、水族館へ売られるために捕獲されている映像です。声をお聞きください。/ Youtube映像

SAVE Japan Dolphins -日本のイルカを救いましょう。日本語版
リック・オバリー氏が率いるイルカ保護団体です。
6つの異なる保護団体が加盟運営しています。

エルザ自然保護の会
日本を代表するイルカ・クジラ保護団体
水銀に関する詳細レポートもご覧になれます。


ヘルプアニマルズ イルカ特集
イルカ猟について最新情報に基づきわかりやすくまとめていらっしゃいます。


イルカが群れで楽しそうに泳ぐYoutube映像
イルカにとっても家族は大切。

イルカの群れ空撮 / Youtube

いきもの多様性研究所
今年3月に、いきもの多様性研究所主催にて開かれたリチャード・オバリー氏講演内容が、ホームページにリンクされています。~水族館のイルカ、どこから来たか知っていますか?~
また「京都に水族館?」キャンペーンにもぜひご協力ください。

国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター
イルカ・クジラに関する楽しい話題が盛り沢山。ホームページの右下「国内10カ所のウオッチング情報を掲載」を是非ご覧ください。

SAVE Japan Dolphins わたしたちに出来ること

署名TV 残酷なイルカ追い込み猟の中止を願う


Norway, Japan Prop Up Whaling Industry With Taxpayer Money, Report Finds / Science Daily
WWF(世界自然保護基金 World Wildlife Fund)とWDCS(鯨とイルカの保護協会 Whale and Dolphin Conservations Society)は、日本とノルウェイーの捕鯨に国民の税金が使われているという調査結果を報告しています。捕鯨が国民に利益をもたらさないにもかかわらず、2008年から2009年の捕鯨シーズンではUS$12 million (約10億円)が税金から拠出。1988年からの補助金はUS$164 million(約150億円)に上ります。


13.7 BILLION YEARS "Illegal Whale Meat Still on Japanese Menu"
日本が1986年のモラトリアム(商業捕鯨一時停止)を受け入れてからも科学調査という名目で600頭以上のミンククジラCITES絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約ーによって絶滅危惧種に指定されています)を捕獲しています。その捕獲された鯨肉は「科学調査」後に商業的に流通させています。この科学調査捕鯨には上記のように税金が使われますが、科学的な発見はどのようなもので、捕鯨肉の利益はどこに流れるのか税金の行方と国益が定かではありません。

南極クジラのYoutube映像

シーシェパード日本人乗組員のブログ

ヘルプアニマルズ - クジラを殺さないで!

生物保護に数値目標 日本主導で「設定」求める / 産経新聞
(2010年10月名古屋で開催されたCOP10では、陸域で17%以上、海で10%の保護区をつくる目標が設定されました。現在は13%の陸域が、海はたった1%しか保護区とされていません。)

世界初、フランス級の広大なサメ保護区 / ナショナルジオグラフィックニュース
(*しかし警備のボートは一台。国際的なエンフォースメントの協力について、
今年12月に開催されるコペンハーゲンでの国連気候変動会議で海洋保護の一部として
話し合われることを望みます。)


こちらからパラオ共和国へ 感謝のカードを送ることが出来ます。

もうひとつの地球への旅No. 6 アポ島の海洋保護区Youtube映像 / Greenpeace

シャークウオーター 神秘なる海の世界 / 予告編映像

サメが絶滅寸前です。/ Shirklife Youtube映像
フカヒレの需要が高まり、サメ絶滅の危機はしだいに深刻化。毎年多くのサメがヒレだけ切り落とされ、無惨にも海に捨てられています。また多くのサメが混獲で網にかかっています。毎秒3匹のサメが殺されており、このビデオが終わるまでに600匹のサメが殺されることになります。

PangeaSeed Presents: No Fin No Future Youtube映像

Alibaba, World’s Largest B2B Site, Bans Sale of Ivory, Sea Turtle and Shark Fin Common Dreams.org
9 月17日にIFAWは、企業間電子商取引サイトのアリババが象牙、ウミガメ、サメのヒレの取引を禁止しました。eBayが象牙の取引を禁止してから1年後の決断となりました。アリババのパートナー・サイトtaobao.comは今後インターネットにおけるサステイナブルでない残酷な取引についてビジネス上の認識を高めていくそうです。この方針に基づいてアリババはこれまでに333の野生生物の商品広告と5輸出入業の登録を削除しました。

Amazing Jumbo Elephant Landing / IFAW Germany Youtube映像

もうひとつの地球への旅No.11クロマグロ絶滅の日Youtube映像 Greenpeace

Tuna Town in Japan Sees Falloff of Its Fish - NYTimes.com
9月19日のニューヨークタイムズが、日本海沿岸でのクロマグロが激減しているという現地での詳細レポートを伝えています。まぐろ漁の町である青森県の大間町では極度にクロマグロ捕獲高が減っています。10年以上前は一日で1隻につき3〜4匹のまぐろを捕獲出来たのが、現在は30から40隻の船を出しても6匹漁獲出来るのが精一杯だそうです。原因は他の場所からトローリング船が来て根こそぎ漁獲していくためまだ小さいまぐろまで捕獲してしまうのと、ヘリコプターなどを使って群れを見つけるなどテクノロジーを使い乱獲されているためと見られています。

「The End of The Line」 海洋乱獲に関するドキュメンタリー映画 Youtube映像

「A Sea Change」海洋エコシステムに起こっている変化に関するドキュメンタリー映画 Youtube映像
この映画は海洋酸化によって100万種の生物が絶滅に晒されると訴えています。海洋の酸化は空気中の 二酸化炭素 が主な原因です。そして二酸化炭素排出の主要な原因は畜産と国連は結論づけています。

Greenpeace in sea boulder protest / BBC
グリーンピースが海底から根こそぎ乱獲していくトローリングから海と魚たちを守るため、140個の花こう岩をスエーデン沖に落としているところです。スエーデン政府と漁師たちから歓迎されています。

"Inspring Action" Greenpeace Youtube映像

Italy finds wreck of toxic waste ship sunk by mafia / Reuters
9月15日ロイターはイタリア当局が沈没船に180バレルの毒性廃棄物質が積まれているのを発見したと報道しました。当局はイタリアの南沖でマフィアにより沈没させられたと発表しており、同じように沈没させられた30隻うちの1隻だそうです。


Oceanic Defense 海洋保護団体
世界中の海洋保護に関する最新情報を毎日Facebookにて発信しています。
ホームページの下にエンベッドしているビデオをご覧ください。

The Great Pacific Garbage Patch - Good Morning America
太平洋に集まってくるゴミの地域についての特別TV番組です。

Synthetic Sea (合成の海 ~海に漂うプラスチック~)日本語字幕付 Youtube映像
海洋のプラスチック汚染がどこまで広がっているのか、この「Synthetic Sea」というショート・フィルムは明かします。プラスティック樹脂の小粒は毒性物質であるPCB&DDEを吸収し、自然海水に存在する100万倍に濃縮します。これを海洋生物が食べ物と間違えて摂取します。

Midway Message from the Gyre / Photography by Chris Jordan
太平洋には海流によりゴミが集まってくる場所があります。その広さは米国よりも大きいそうです。現在、鳥や魚のお腹にはプラスチックが見つかっています。親鳥はプラスチックを食べ物と間違えて海洋から拾い、ヒナに食べさせます。ヒナは4ヶ月ほどでお腹がふくれて物が食べれなくなり、中毒になったりまたは喉に使えたりして亡くなります。そういったヒナたちの死骸が北太平洋に膨大に見られるそうです。写真家がその亡骸をドキュメントしました。非常にショッキングですが、このことを広めていくところから解決の糸口が見つかると思います。

”What is the Great Pacific Garbage Patch?” / Oceanic Defense
潮の流れにより太平洋の真ん中にゴミが集まってきます。
そこをグレート・パシフィック・ガーベイジ・パッチと呼びます。
ページの下に映像があります。

Project Kaisei Scripps Oceanography North Pacific Gyre Youtube映像
北太平洋に渦を巻いて集まってくるゴミ海洋区域で調査するプロジェクトチームのショートフィルムです。

漂着ごみを新エネルギーに-「鳩間島・宝の島プロジェクト」11月始動へ / 石垣経済新聞

もうひとつの地球への旅No.12海の罠 流し網漁 Greenpeace Youtube映像

"Wall of Death" Fishing Net Exposed Greenpeace Youtube映像

絶滅危惧種「ウミガメ」について / 屋久島うみがめ館

What's the cost of Tuna Sandwich?
マグロ漁に伴って犠牲になる魚たちは想像を絶する数です。

Turtle Incredible Journey 子亀の旅に関するドキュメンタリー映画 Youtube映像

Coral Bleaching Animation Youtube映像
温暖化により海水の温度が上がると珊瑚が死滅します。
珊瑚が絶滅すると食物連鎖の影響により2100種の生物が絶滅すると言われています。

Oceanic Defense and Science Daily
How Mercury Emissions Reach Tuna And Other Seafood, And Why Mercury Contamination
科学者は2050年までに水銀汚染が更に50%増加すると予見しています。1990年の半ばかと比較して2006年では水質の水銀量が30%増加しているそうです。この水銀は工場廃棄と見られ海流を見るとアジアから流れて来ていると指摘しています。

Oceanic Defense and Science Daily
Oceanographers Examine Mercury Levels Of Pelagic Fish In Hawaii
ハワイの大学(UHM)の調べにより、深海で捕食する魚のほうが海面に近いところで補食する魚よりも水銀汚染が高いことがわかりました。(*日本における魚介類水銀含有の暫定基準値は銀水銀で0.4ppmとしていますが、イルカ肉、ゴンドウクジラはその5倍から5000倍を含みます。この基準値は昭和48年に設けられたものであり、マグロ類、深海性魚介類、河川産魚介類は適用外です。)

塩素製造過程の水銀使用を2年以内に撤廃する法案が米国上院に提出される
4工場の水銀汚染を規制する議会の迅速な対応を評価 / CFT


ディズニー海洋保護 Youtube映像

Oasis of the Pacific: Time is Running Out Youtube映像

Dolphin IMAX - Music by Sting Youtube映像
この映画に登場する科学者がイルカのコミュニケーションについて発見しました。
コンピューターの圧縮ファイルのように、メッセージを飛ばす距離によって
音を圧縮するそうです。


The Beauty of The Cove with Mandy-Rae Cruickshank and Kirk Krack Youtube映像

CETACEA trailer / Lawrence Curtis Youtube映像

クジラウォッチ観光船 Youtube映像

水族館にイルカが連れてこられるまで Vimeo映像 / Blue Voice

ヘルプアニマルズ 静岡県富戸の漁師 イルカ猟(イルカ漁)からイルカウォッチングへ

Wild Ocean IMAX Youtube映像
アフリカ東海岸沖にある世界最大の海洋保護区のお話です。

Bye Bye Biodiversity / 13.7 BILLION YEARS
生物多様性は私たちを含めたすべての生物が生きて行く上での基本条件です。地球上に人間が現れる前と比較して100倍のスピードで生物が絶滅しています。しかし今からでも遅くはありません。食い止めるチャンスがあるとすれば、それは今です。

来年2010年は国際生物多様性年です。
生物多様性における企業の取り組み広告です。

Stockholm Convention on Persistent Organic Pollutants
人間が作り出した化学物質の中でも最も生態系に危険を及ぼす物質をリストしています。

羽田新国際線ターミナルの京急新駅に太陽光発電−利用者への告知パネルも設置/羽田経済新聞

ピンガーズ ー 海洋哺乳動物が漁網にかからないように音を発する装置です。

The Ocean Has Issues: 7 Biggest Problems Facing Our Seas, and How to Fix Them / Treehugger

Arctic ice to vanish in summer, report says / CNN
この10年間で南極の氷は夏のあいだはなくなる可能性が高いと最新の研究をCNN (London)が伝えています。

グリーンピース Roadmap to recovery: Take Action!
地球の海洋40%を海洋保護区域にすることに賛同します。著名をお願いします。
こちらは日本語のページです

水産庁による小型捕鯨業の告示案についての意見・情報の募集
意見・情報受付開始日2009年10月8日 締切日2009年11月6日

民主党へのご意見・ご感想はこちらから。「国民の声」係
野生哺乳動物であるクジラとイルカを、
環境省 所管の「 鳥獣保護法 」の適用除外から外し、保護対象としてもらうように要請しましょう。

国際捕鯨委員会に小型捕鯨類もモラトリアム(商業捕鯨一時停止)に入れてもらうように要請しましょう。 ( 大型鯨類と小型鯨類)


ナショナルジオグラフィック 今期ベストピクチャー

"A Life Connected" brought to you by NonviolenceUnited.org Youtube映像
地球を救う一番簡単な方法です。

IFAW フィリピン洪水での動物レスキュー Youtube映像


日頃より沢山の情報を提供してくださる動物保護団体、海洋保護団体、活動家、メディアの皆様に感謝を申し上げます。


〜 〜 〜



最後になりましたが、CFTの渡邊が太地町漁業共同組合の杉本さんと電話でお話を伺った内容をご紹介致します。

以下、渡邊より。


太地町の役場にかけたところ、漁業組合に連絡して下さいとのことでした。

漁業組合の杉本さんという男性のかたと話をして、「動物保護関係のかたですか?」と聞かれたので正直にそうである、と言った上で、されど今回ご連絡した目的は、事実に基づいた情報を直接太地のかたに伺いたいので、ということで質問しました。この杉本さんはオバリーさんやシホヨスさんとも面識があるようでした。

下記は、イルカ猟に関して、また 「The Cove」に関して質問に答えて下さった内容です。

<イルカの売却先/輸出先>

-  2007/2008 イルカの売却先/輸出先(水族館、食用含め)を聞いたところ、The Cove が制作されて以来特に、同じ質問を結構されているが、イルカ猟の反対の活動が盛んになってきていることもあり、売却先やその数字などは一切公表出来ない、とのこと。これはクジラ博物館や水産省に聞いても公表はしないはず、と。

- 食用のイルカは海外に輸出はしていないはず。ただ、食用肉は全て国内の業者に(入札で)売却しているので、その業者が海外に売却しているかどうかまでは、わかりかねる。

< The Cove について >

杉本さんは The Cove はトレーラーしかご覧になっていなくて、映画の本編についてはアメリカの大使館やアメリカ在住の人から聞いた話をもとに理解している、とのこと。

- OPS やオバリーさんに対しては、 そのやりかたがフェアでないとして「柔らかく」怒りを表現していました。映画では、太地町の人々、また太地の町に対する非難や、日本バッシングのようなことを表現している訳ではないのをご存知ですか?という質問に対しては、「え、そうなんですか?」と驚いていましたが。

- OPS (シホヨスさん)が太地町に撮影の許可を求めた際は、沿岸線や美しい風景を撮影したい、というリクエストだったのにも関わらず、実際はイルカ猟を撮影することが目的であった、という不正直な OPS のアプローチであった。

- 太地ではない別の場所のイルカ猟の映像を、まるで太地で行われているように映画では使用しているらしいが、残酷、残酷、という印象を与えるためにはその様な操作もしてしまうのですね。

- 学校で以前イルカ肉を給食に出していた、ということについては事実ではない。学校給食で以前出していたのはゴンドウクジラであってイルカではない。

< 水銀に関して >

- 水俣病の水銀と比較されているが、工業汚染によるメチル水銀と、自然水銀では違う。イルカ肉は、確かに政府が安全、として定めている水銀量の数値より多いが、太地のイルカの水銀は自然水銀であって、長年食用としてイルカを食べて来ているこの町で、水銀が原因で風土病として病気が発生したこともない訳で、つまりは安全な食べ物である。

- 殺し方も今では改善されている。映画にあるように銛を刺す殺し方は今はせず、2~3秒ですぐ死ぬような別の殺し方をしている。しかし現在はまだ試している段階なのでその方法を公表は出来ない。

- 20年ぐらい前まではこの追い込み猟を見たい人には船に乗せて見せていた。しかし、イルカ猟が残酷である、というその「残酷なシーン」ばかり映画や保護団体が使用し強調するので、今はイルカ猟は一般に見せていない。

- 太地は畑もなく山ばかりで漁業に依存してきている町である。長年続いている文化としてのイルカ猟や、太地の人がイルカを食べる習慣は尊重されるべきである。アメリカが牛や豚を殺して食べているという文化、オーストラリアがカンガルーを殺して食べる文化など、また犬を食べる文化や猿を食べる文化が他の国にあったとしても、その国々や地域で何を殺し何を食べるかは、尊重されるべき。

- 日本での問題をターゲットにすることによって、アメリカにとってベネフィットが多い。太地でのイルカ猟を「頭の良いイルカを残酷な方法で殺す」とだけ強調し、それを阻止するためには寄付金も補助金も集めやすい。アメリカはその様にして国民からの補助金や寄付金を集めてきている。二酸化炭素の件にしても原発の件にしても然り*で、これらは全て国益に基づいた政治的選択である。(* これは、アメリカの原発の建設が昨今増えていることに関して、温室効果ガスの排出削減率が上がるという正当性で国益のために利用する、という意かと話している時には思っていたのだけれども・・・<資料>)

会話は終止穏やかに、杉本さんも質問によってははっきりおっしゃれない部分があったりしましたが基本的には丁寧に答えて下さいました。The Cove の上映以降、問い合わせが多いのだと思う。9月のイルカ猟スタートに向けて、すでに20人ぐらいの保護団体関係の人が太地のホテルを予約しているそうです。請願書なども送られてきているそう。漁業組合なので、これは当然のお返事だとは思うけれども、イルカ猟をやめる、減少する、ということを検討する予定は全くありません、とのこと。

太地町漁業共同組合公式ホームページ


太地漁協直営スーパー

太地港だより

魚介類等に含まれるメチル水銀について
内閣府に設置されている食品安全委員会の評価によれば、「魚介類等に含まれるメチル水銀について」の中で、魚介類の総水銀の75~100%はメチル水銀であると推定されている、と述べられています。

Mercury danger in Dolphin Meat/ The Japan Times
ジャパンタイムズがイルカ/クジラ肉の水銀問題を掘り下げてレポートした。北海道医療大学の遠藤教授が太地町町民の髪の毛のサンプルから水銀含有度を測定したところ、イルカ肉を食さない一般の日本人に比べ10倍の水銀汚染を受けていることを報じている。


Taiji tests residents' hair to gauge mercury levels from dolphin meat / The Japan Times
この夏太地町では、定期検診に際し同意した約3,500人の住民の毛髪をサンプルとして集め、メチル水銀汚染の検査をするそうです。結果は3月末の予定で す 。(
猟期はイルカが2月末、クジラが4月末まで。)
(イルカ猟、イルカ肉についてご質問をされたい方は、和歌山県太地町あるいは厚生労働省、農林水産省に直接お問い合わせいただけますようお願い致します。)





このあと追加で水産庁及びイルカ猟を許可している知事さんからの質問に対する回答などをご紹介します。追加後ニューズレターでお知らせし致します。無料ご登録は こちらから
インタビュー by 水口政美 / 渡辺こずえ (CFT)
テキスト& 翻訳 by 水口政美 (CFT)













If You Knew the Dolphin’s Feelings at the Dolphin Show...
Illustrations by Ritona Tsubaki


THE COVE

Interview with the Film Director

Mr. Louie Psihoyos


Part 2


The film “The Cove” was premiered in the US on July 31. From the very next day, countless newspapers, websites and blogs have reported on “The Cove” and the dolphin hunt. The film is currently being released in cities throughout Europe, and at last will make its bold entrance at the Tokyo International Film Festival after a change to the initial decision (they first turned down to show).

Before the film’s Japanese premier, images from the trailer were perceived in Japan as indicating that the film had an anti-Japanese bias. However, if one looks further into the reactions of Americans who have seen the film, about the cruelty of the dolphin slaughter, they go beyond feelings of sadness, anger, and indignation; rather, a myriad of doubts are raised in the hearts of each viewer -- doubts that stem from both the media coverage and from the discussion with director Psihoyos following the screening.

The doubts emerge in something like this manner. Since the dolphin hunt is being hidden, and being called traditional, then, mustn’t it be highly valued by all Japanese? But, is it really true that all Japanese think of the dolphin hunt as part of their tradition? How much is tradition respected in Japanese life? Do Japanese people really not know about the methyl mercury contamination in dolphin meat? And does the government also not know? Has nobody gotten sick?
Mr. Louie Psihoyos
Photography by Kozue Watanabe

Is the level of mercury in the bodies of the people of Taiji really normal? Are parents unconcerned over the school lunches? In Euro-America, where these questions are being debated, isn’t their slaughtering of livestock the same thing? What’s different about it? This writer wonders whether there is no similar film about bullfighting simply because there is no need to film it in secret.

Does the dolphin hunt really exist for the purpose of eating dolphin meat in accordance with tradition? Or is it for the sake of the business activities of aquariums that we capture and massacre mammals in the wild? If that’s the case, what becomes the liability of aquariums all over the world? And what about all of us who visit aquariums and see the dolphin show? The questions keep coming and changing, but the sadness of the situation remains.

Well, I saw “The Cove.” I understand why it gets standing ovations at every film festival screening. “The Cove” surely provides a cinematic experience. There is now a rapid succession of films about environmental or animal preservation. But cinema as an artistic medium has the power to go beyond intellectual understanding and let us personally experience something previously unknown to us. With “The Cove,” we in the audience go to observe, from our own little cove, a secret that we had not known. As we reported in the previous interview (with Mr. Psihoyos), in order to film scenes of actual dolphin slaughter, high tech machinery and a talented staff selected from all over the world gathered to expose that secret. A world champion diver, who can dive with no breathing apparatus, snuck into the cove in the evening. What kind of voices are these dolphins emitting, who would be slaughtered the next morning for their meat? What words are they exchanging? We, too, as an audience, listen to those voices together. While this film lets us experience the events of the secret cove, it also lets us experience the personal drama of one person’s own life with dolphins. In the 1960s, Mr. Ric O’Barry was a dolphin trainer on the television program “Flipper.” After the dolphin playing Flipper stopped breathing and died before Mr. O’Barry’s eyes, he became an activist for the freeing of dolphins. Keeping dolphins captive is a huge business that brings enormous profits through dolphin shows and by offering guests a chance to swim with dolphins. Mr. O’Barry now takes it as his challenge to walk through life tearing down the walls and entrapments that imprison dolphins -- part of that huge system that he helped build. He loves dolphins as though they are his own family and children.


Mr. Ric O'Barry
Photography by Oceanic Preservation Society


Since I arrived at the theater early, I went to the lobby cafe where I noticed directer Mr. Psihoyos sitting in a corner. He was reading a newspaper, but our eyes met and so we exchanged greetings. Even though it was right before the opening, he said, “There are just no interesting articles in this newspaper,” and offered me a seat. The first screening for the general public was about to begin. There would be a question and answer session afterwards, and he was worried that his answers would likely decide how the film would be perceived. His anxiety was understandable. After all, New York criticism can be scathing. As expected, when the film ended, the applause was long and roaring, but nobody stood up and cheered (a scene I haven’t seen even once in a New York theater). It seemed that everybody was turning over a number of questions in their minds. Mr. Psihoyos was greeted and the moment he began to take questions, a parent with a child in the front row raised her hand. The question was, “What can we do to stop the slaughtering of dolphins?” The questions came in quick succession, and were answered by a marine biologist in attendance after Mr. Psihoyos briefly greeted. One scientist declared: “Since the dolphin hunt also takes place in order to supply dolphins to aquariums, each and every one of you mustn’t buy tickets to dolphin shows. If a dolphin is made to repeatedly perform tricks from inside a tank, it will not live a long life. Even after it dies, since it was performing at an aquarium, that aquarium will need another dolphin. Please, do not pay money for dolphin shows or programs where you can swim with dolphins. And please tell your family and friends to do the same.” Topics like whether or not the dolphin hunt is cruel, or says something or other about Japanese people, were complete non-subjects.



"The Cove" Production Team 
This blimp-helicopter shot the secret of the cove. Is that a whale in the sky?

Photography by Oceanic Preservation Society

Once it was all over and we left the screening room, I saw Mr. Psihoyos and the cinematographer, and was immediately asked my thoughts. I said, “We are an animal protection group, so we’re very thankful that you made us aware of the dolphin hunt. But speaking on a personal level, I saw Mr. O’Barry’s life as a drama. It was very moving.” I then added, “I think the fact that the dolphin hunt is taking place is a cruel thing, and it’s good that we can experience that through film,” to which the director said, “Yes, but making people aware of the mercury is also important.” I replied, “That’s very true. But human understanding of the feelings of other living things, and thinking about how we can respect their lives and the way they live is similarly important. We should learn life without killing.” “But hey, isn’t that bag of yours made of leather? Is that kind of thing alright?” Mr. Psihoyos said, full of playfulness, while looking at my bag. Even though it’s my bag, for some reason Kozue (co-founder of CFT) always answers first, and she responded definitely, “No, it’s not. We’re vegan.” The director answered, “Ah, I’m so awful!” while turning his eyes down towards his own shoes. The director, too, eats a diet that is almost entirely vegetarian (he does eat small fish).

We had previously held an interview about “The Cove” and the dolphin hunt, but this time we were able to speak to Mr. Psihoyos in a different role, as executive director of the Oceanic Preservation Society.


CFT:
Another great thing about the film is that it raises many important questions.

Mr. Louie Psihoyos (LP):

That is good. I really wanted the film to ask questions instead of answer the questions. It's a provocative enough subject where you can talk about captive dolphin industries, and you can talk about animals for meat. Japanese people may say that about chickens and cows - which brings up animal rights issues and also brings up humanity issues.

Maybe people say it's okay to kill animals - but how do you treat them. So, there are animal welfare issues and cruelty issues, and most importantly inhumanity to our fellow issues. If you follow the progression of the movie, I think it's normal for either Japanese or Americans - or any nationality to start to see this problem. Emotionally you get connected to this issue.

All the photos of Mr. Psihoyos by Minori Yoshida

Whether you believe Ric's story - or agree with him or not - you start to understand his sympathy for the animals which I think it's important as a narrative structure.



World Champion Free Diver, Mandy-Rae Cruickshank
Photography by Oceanic Preservation Society


But it starts with the fishermen in Taiji as the bad guys, but as the story gets bigger, the movie's job is that everybody in the audience starts to understand everybody is a bad guy.


Today we are having air-conditioning on sunny day - there is a consequence to that. That is a bigger message that we are all responsible for polluting the oceans, polluting animals, and - I know you are an animal rights group - but polluting food sources in the world. Whether you eat animals or not, you are degrading the oceans at a fast clip.

Again, "The Cove" to me is not just a movie about the cove. If the audience is really paying attention to the story and the plot and if I am doing really good job, the story and the way of the plot get bigger and bigger so you realize that it's just not a Japanese problem but a worldwide problem. We all are volunteers. I did that logically. I set out to do that.

Once we had the story in place, my editors and writer kept on saying it should be about the cove, it should be about the Taiji fishermen. I said I don't care, it's so small to do it like that. To me, if you don't turn it around so people can look at themselves then I haven't done my job at all, you know what I mean? I wanted everybody to feel responsible for the tragedy that's happening, not just the Japanese people. If you are Japanese, you think “oh you are abusing the Japanese people”. To me, if you look at it, you know, it's just bigger than just the cove.

CFT:
We were probably the only Japanese at that show time on the premier, but we didn't feel uncomfortable. Instead, we were pleased to hear the audience's questions such as: why this is happening, who is contributing to this, how we can stop the cruelty to the dolphins, and so on.

LP:

Yes, also the captive dolphin industry: which is bigger in America probably money-wise than it is in Japan. In terms of numbers of aquariums, however, I know of 50 dolphin aquariums in Japan is whereas there are maybe 10 or 12 in United States. Seaworld is very big.

*According to Mr. Ric O'Barry, the dolphins were in the past exported to Sea World
(Sea World/dolphon show video) , Miami Seaquarium (Miami Seaquarium/dolphin show video) , US Navy, Indy Zoo, Mexico (Indy Zoo/dolphin show video) , Jay Sweeney's Dolphin Quest ( Dolphin Quest/touching dolphins video) , Hawaii, Turkey and Philippines. According to the document from Taiji Whale Museum, dolphins were also exported to China. There is a report that indicated that Taiji Town sold dolphins, through Taiji Whale Museum, to China with the price of 7 times higher than what was paid to the fishermen (here is the Japanese report).

CFT:
How long did you research to make this film?

LP:
We've been doing the research for three and half years. We've been getting information from a lot of sources, Elsa Nature Conservancy, Blue Voice - Hardy Jones, Ric O'Barry's organization, Save Japan Dolphins - he's been with One Voice and Earth Island Institute. So the largest dolphin killers are American, Mexican, the tuna Industry, with netting, you know, hundreds of thousands.

CFT:
Did you have any dialogues with people who are involved in the hunting in Taiji?

LP:
A lot of my discussion was with a curator at the Taiji Whale Museum. He is a young guy. He used to be an assistant curator at New Bedford Whaling Museum in America. And he's been very helpful and helped me to understand a lot of issues. But, he likes to say he is an anthropologist, he's always studying the historical study of whaling. But then, when I see him at IWC (The International Whaling Commission/ Moratorium), he's asked to stand up to represent the poorer people of Taiji that would be hurt if they are not allowed to do whaling.

So my feeling is that he likes to say "I'm not quite a part of the problem", but I think he stands up at IWC meeting and is representing the youth of Japan - it's different. He is a part of the problem, I think. I understand it's difficult when he has a child. I see him at the IWC every year now. He is always paraded out. I asked him, “Would you let your child eat dolphin meat?” He said he wouldn't. I said "Why not?" Then he said "We didn't believe you when you gave us the statistics. We thought maybe you are lying or exaggerating.” So I asked him "What's the change?" He answered "One Japanese media did the story about the mercury. So now we believe the statistics."
「Uncleared Suspicion about "The Use of Polluted Whale Meat in School Lunch" (1)」 September 5th, 2007 and 「Uncleared Suspicion about "The Use of Polluted Whale Meat in School Lunch" (2)」September 9th, 2007 ) So I said, "You thought we were lying seriously?" It took one of their own media for them to believe the story. For me it started to get into the mind-set. Okay it is really problem for Japanese people to trust or understand westerner's statistics.

I hope this is a beginning of an interesting dialogue. There is a lot of Japanese coming up and want to help people to understand the issues and what's going on there. I know it’s very hard to sell the story back home. Young people who have relationships with embassies both here and over there - they think they might be able to help. So I hope this is the beginning of the good dialogue. It's a process. It's not something that happens over night. It may take weeks, months or years. It's difficult everywhere - in your country or in my country - to get meaningful change. It takes a long time. Look at how long it took women to be able to vote or for us to have a black president. Years ago we were keeping separate rest rooms, and separate drinking fountains for non-whites, you know it's crazy, you know we think this is America, but it is very segregated, you know racist, and we are not so different than anywhere else in the world.

CFT:
Again, the wonderful thing is that your film has many doors for many different types of people to come see the issues.

LP:
I wanted to do this. I wanted to stir up the mess. I did it to myself. I am not saying that I have complete understanding of this. I'm adopting from the health issue and the humanitarian issue. Okay, I stopped eating things that walk 20 years ago. But Like I said last night I still have a leather billfold and leather shoes. So I understand there is hypocracy for myself. So, it's okay not to eat them, right? Now I can wear them? Is that okay? I don't eat chickens and pigs, but it's okay to eat eggs (*The common method of disposing of unwanted male chicks in the U.S. egg industry is grinding them up alive / Mercy For Animals Captures Hy-Line Baby Chick Abuse on Video ).? Yes, all those issues start to come up. I feel I'm getting closer to being a little more human having dealt with this movie. What I wanted my movie to do is for people to come up against their own meanings to be a human, your own humanity. I want them to think when they order food at a restaurant, how they look at their pets differently, and to think about entertainment. For me the most powerful movie that I've seen is "Earthlings". It's such a hard movie to watch. Yes, I had to watch it in stages. In fact, everybody who worked with me told me that I should see "Earthlings". So slowly as I get to start to watch and 10 more minutes then I stopped. It's so horrible to watch. It's like plastic surgery that this movie makes everybody become an angel including myself.

CFT:
"Earthlings" does have a strong impact on us to transform our views. Yes I totally agree with you. By the way, do you have any plans regarding distributing in Japan?

LP:
This is my first movie so I don't know how to distribute movies in Japan. They don't want the movie to be seen .. But we'll do anything. In fact we are working on Japanese voice-over right now.

CFT:
Oh really voice-over?

LP:
Yes. 8 or 9 actors in UK. The man who voice-over for Robert De Niro was doing my role (laugh).

CFT:
Really?


LP:
It's just a weird joke (laugh).

CFT:
Oh .. (laugh).

LP:
He is doing me, but it's like a joke, isn't it? (laugh)

CFT:
That's amazing ! (laugh)

LP:
By the way it is scary the mercury issues are not informed by media in Japan. It is the perception in international community that people are really smart that Japanese people have all the information, in fact, because they think they are technologically advanced and two years ahead of us. They think that they assume that they don't understand that there is filtering system in government. Our government does that to us, too. but in the US we get really pissed off about what happens. But Japanese people don't have this information, that's fascinating to me and it is really scary.

CFT:
But this is good timing. Because there are elections at the end of August and it may change the political party which could reveal a lot of information.

LP:
It's a new world for America. I'm telling it's like, you know everybody felt this weight of repression for having this mental immature be in charge of the govenment. It was an embarrassment. You know it might be shocking for Japanese people to know about dolphin hunting, the mercury issues and these things are being kept. But imagine we know we have this guy that's like a mental immature in charge of our government and they are making up faster so that they can go to war and pay themselves money. But we fixed it with the election of Obama. And the weight - it's lifted from us – and we have a sense of pride again, not like gorilla pride (hitting his chests). To me in America, one used to have a sense of ideals or stewardship to values as an international leader. But we prostitute ourselves to get George Bush and Dick Cheney in the government so long. It's almost instant. As soon as Obama was elected, at the time I was in Sundance film festival to show the film, the spirit was lifted. You just feel it among everybody there. The whole world breathed sighed for relief. Now I know you had the same government power almost for fifty years, right? If the political party is changing then I can imagine how people in Japan would feel. I mean I never gave any to politician before but I supported Obama.

CFT:
I think it is really important to clear to young people in person how they could lead this world and how it should be. We can keep eating like this but maybe human race may not survive more than a few decades.

LP:
I think we can struggle on because we are pretty resilient to this - like organisms. We can probably live with a lot more polluted environment, but I think when you do that, you live with a degraded environment and you live with the degraded sense of yourself. So you are doing what no animal would do in the wild. We are fowling our own nest. It's like we are becoming worse than animals in that way, you know. And I am not disparaging animals, but we are doing on a grand scale what no animal would do.

We like to think we are ourselves somehow above the animals yet to me one of the biggest moral causes of this movie is that you have a wild animal that is the only mammal known to be saving human beings, the dolphin. And the only way we can save it is by making it so polluted that we've dumped the environment that you can no longer eat it. It's weird irony there. And there should be a lesson. The dolphin might be saving our life if you're listening to really the story. But each generation of humans is adopting diminishment on a grand scale.

I was just with a good friend of mine two weeks ago in California and he told me a story. He goes to this one area to dive in California. He remembers this being a really beautiiful place when he was a child. Then his father could never go to dive there with him. He asked his father why he doesn't like to dive there any more. The father said, “Oh you don't know what it used to be like”. To my friend, this place is his ideal paradise. He said, "Imagine how it was when my father was there". Now my friend goes back 30 years later with his son, and the son thinks that's beautiful. So there's no way that the son will see what his father did. The gap keeps getting worse and worse. I told you at the theater yesterday - my friend Jim, who is also the sponsor for the film, got married so we were down in the Virgin Islands. And I remember diving at this place 20 years ago, it was beautiful. And I went back with a friend of mine whose daughter had to learn how dive and snorkel. She is maybe 7 or 8 years old and had never snorkeled before. It was dead down there. Just gray and lifeless. Just a couple of little reefs and then this little fish comes by, a little orange fish, and she was screaming through a snorkel, the poor child said it was beautiful.

So we keep on sliding this scale so fast that we don't have a kind of remembrance of the past, and the way I kind of look at it is like when you go to your friend's house, you help with the dishes, you put things away, you contribute, you buy food, you help them to make food - and you are invited back, right? But we are not doing that with the planet. What we are doing is just making a big mess, making a garbage for the next people to clean up. The next people don't even know that it is dirty. They would be adopted to the definition of those things. We and future generations won't know what we've lost.




Courtesy of Greenpeace

CFT:
Do you take the photos of those dead zones and upload them on your website?

LP:
We take photos but we have not uploaded yet.

There are other projects that OPS has been working on currently besides The Cove. We bought the best under water camera ever made by far. It's like David Doubilet, who is the probably the best, I think, under water photographer in the world, came and said that the camera is a holy grail (laugh). It's the best camera ever made by far, 65 mega pixel new camera and the optics are unbelievable. You can make a picture that's 2 meters by 3 meters. We go down there and dive with re-breathers, we recycle our air with no bubbles, we dive with lots of lights like a movie set so you make big earth pictures. It's really cool.

So the guy who funds my business, Jim Clark, you know he is a billionaire. He doesn't have his much hope for humanity. He thinks it's too late. He thinks there is so much human greed, it's all over. There's nothing you can do. So he said we should call that Oceanic Remembrance Society (laugh).

CFT:
(laugh) That's so funny.

LP:
It is my hope - film is the one last great things we can use to change things and the film that works on mass destructions. When you think things need to happen at massive scale - it's like some sort of an awakening. I don't know how else it can happen. The fight is huge. To me it's a war. It's a war against ourselves. We don't even realize what the war is about. The war is to save humanity also save environment.


Courtesy of The Bay VS The Bag


You know we are sitting in this New York City - it's hard to see anything changes, you know sitting in the park, having lunch with my wife, it all looks pretty, probably looks like it did 100 years ago. But the thing is that's not the environment. You start everything here to go down to the stream that goes to the ocean. And the ocean is one communal place - we call the Pacific ocean, Atlantic ocean, Antarctic ocean, but it's all one ocean. You know Japan is an island but America is an island, too. I would like to look at the whole thing as the big beautiful blue ball. One of the things that I like is to dive and enjoy another universe. And I see that falling off and is scary to me. It's emotional.

There're five nature extinctions in the history of the planet. Ordovician (Ordovician-Silurian extinction), Devonian (Late Devonian extinction), Permian (Permian-Triassic extinction), Triassic-Jurassic extinction, K-T extinction (Cretaceous-Tertiary Extinction) and that's all common. All came down and destroy all the dinosaurs. It sounds like a bad weekend for the planet, right? It hit but they didn't die over night. I did a book on extinctions. My study was from Permian extinction to K-T extinction and wrote a book called "Hunting Dinosaurs". So, we are going through the 6th major extinction right now. We are losing all the coral reefs from the acidification (*A major cause of the ocean acidity is excess carbon dioxide in the air and the biggest emissions of carbon dioxide are caused by the livestock sector ). If we lose coral reefs, 2100 species will become extinct. So what people are going to eat? Okay, vegetarians. Sure it's great but once it's lost, it does not come back easily.


Courtesy of Greenpeace Japan

CFT:

At the end of the movie, you almost hear Ric's crying but it is like planet's crying. I'm sure all the people on earth are kind of hearing the earth's cry. We are treating animals as products that means we are treating ourselves as products. We are betraying animals, that means we are betraying ourselves. It's all connected. We need to find out how to take care of animals, how to take care of nature, then we will understand how to take care of ourselves.

A friend of mine told me this story. Initially, when a child whose parent hunts seals in Canada sees baby seals being killed - he or she cries. However, gradually the child learns himself how to kill baby seals - even those who don't even know how to swim and don't have anywhere to go. The child does so with the anticipated reward to be accepted by the parents' love and by the community. The child, like the baby seal, doesn't have anywhere to run away.

Once we see the nature only as resources, we see animals as food products, that creates the violent place where we stand now. Maybe people's role on this planet is to be a guardian of all the living things.

LP:
The next film that I want to work on is the issue of the 6th extinction that we are going through right now. I want to look at the problems pretty quickly. Identify them as sort of matter of factly, and then get out to the solutions. So you know you have tools and know what we do next.

CFT:
Thank you very much for your time despite your busy schedule and for sharing the many stories with us today!



Courtesy of Greenpeace Japan

On opening day, a staff member from our organization took part in the event by handing out flyers at the theatre. An Earth Island Institute (EII) member was there, and upon hearing that our CFT volunteer was from Wakayama Prefecture, called out to the passing Mr. Psihoyos, “Can you believe it, this person says she’s from Wakayama Prefecture!!” She said this with much excitement, as if she just met a hero. The director, too, took the bait. “That’s incredible! To think, someone from Wakayama would be in a place like this, passing out flyers! Quick, go see the film!” and gave our volunteer a ticket. As a child in Wakayama, she was aware of eating whale meat as part of her school lunch, but was completely unaware of the habit of eating dolphin meat. She told us, “It was about a year ago that I learned about this from an Italian friend of mine, somebody from the other side of the world. He was, accordingly, surprised, as he told me about the current situation -- but I remember being even more surprised than he was. Me and my family, and at the very least our neighboring relatives, didn’t know anything about it. I responded to my friend, saying that I haven’t eaten it, of course. I’m a sea-creature lover by nature (especially sea otters and penguins), and I remember often running off to the aquarium. So, I always thought of dolphins as an animal that appears in shows and that has excellent reflexes -- that was my image!” Since she never lived in Taiji, she did not understand eating dolphin meat to be a part of tradition. When the movie ended, staff and New Yorkers surrounded this young lady who came from Wakayama. She said, “I want a lot of people to see this.” She is one of the people who hope to see human and animal suffering decrease.

Mr. Urakami, who is in charge of the Standards and Evaluation Division of the Ministry of Health, Labor and Welfare’s Pharmaceutical and Food Safety Bureau, answered questions about the dolphin hunt and dolphin meat’s mercury contamination in a Japan Times investigative report dated September 23rd. In that article, in a part of their Q&A section and entitled, “Details on how Japan's dolphin catches work” he responded: “‘The criticism does not affect the health risk of residents in Japan. We do not have to change our stance just because animal protection groups say something,’ Kenji Urakami of the ministry's Standards and Evaluation Division said.”

...But what about the mercury issue? Perhaps he is unaware of the report on mercury by Professor Tetsuya Endo, of the Health Sciences University of Hokkaido.

In the same article, Mr. Hideaki Okada of the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, says, “We think killing dolphins is no different from killing cows and pigs. We will reconsider how to kill dolphins if killing methods are a problem,” Okada said. It’s certainly true, that killing dolphins is just like killing cows and pigs, just as killing dogs is the same as killing monkeys and chimpanzees. Just as the large scale beating to death of dogs in China comes under criticism by animal protection groups, so does the kangaroo problem in Australia.

In addition, most of the groups opposing the dolphin hunt also criticize the slaughter of livestock, developing “become vegetarian and save the earth!” campaigns. Furthermore, while it is true that Euro-American animal protection groups are criticizing the dolphin hunt, naturally, the new Japanese government does not take this criticism as “Euro-America is criticizing Japan.” After all, animal protection groups within Japan are also part of the opposition.

On September 22, Prime Minister Hatoyama, Japan’s new representative, gave a speech at the United Nations Summit on Climate Change in New York. He asserted that his promise to reduce the level of greenhouse gas emissions 25% by 2020 from their 1990 levels is an international public commitment. He concluded his comments by saying, “The next generation is faced with the duty to transform the structure of society that has been continuing since the Industrial Revolution, and create a sustainable society.”

The words “create a sustainable society” weigh heavily on our future. I was so proud of Japan’s Prime Minister, who wrapped up his speech with these words. It was a declaration directed at the world, a message that we Japanese addressed to the world. The age in which nature and animals are regarded as mere raw material for the ongoing development of industry is over. The era in which we construct the world while thinking only of humans, too, has passed. The reason is that having created a world like the one we live in now, full of violence toward others, is destroying the natural world, too. The earth can no longer endure it. Each and every one of us, as individuals, must alter our way of and vision of living.

“The Cove” is a film that makes us feel a premonition and anticipation for the curtain rising to reveal humanity’s newly set stage.


〜 〜 〜



The following is a list of websites and videos pertaining to dolphins - as well as wild animals, and the ocean eco-system - that we would like you to take a look at.


Mercury danger in dolphin meat / The Japan Times
Dr. Endo's tests revealed that one Taiji man in his 50s had a mercury level of 67.2 parts per million. The average mercury level of all 50 subjects was 21.6 ppm for the men and 11.9 ppm for the women. The average level of mercury present in Japanese people as a whole is only 2.55 ppm for men and 1.43 ppm for women, which means Taiji residents had mercury levels about 10 times the national average.

"No More Mercury Poisoning! Campaign
This campaign is run by a network of concerned citizens demanding that Japan's leaders clearly label mercury risks in our food, ban toxic products, and roll back poisonous mercury pollution in the environment.

"The highest mercury level that was found in one of many tests on dolphin meat was 5,000 times higher than the interim standard of 0.4PPM. Please imagine. Over the last 20 years, 400,000 dolphins were killed and have been traded as meat consumption. Whether the meat has been consumed as food, pet food, food filler, or just been discarded as garbage, all the mercury and other toxic waste were scattered all over the country then accumulated, and will never be disappeared. " - Mr. Boyd Harnell - Investigative Journalist


The photo of Pilot whale and Dolphin/ exZOOberance!

WWF - Disappearing dolphins clamor for attention at whale summit

"Alboran Sea pilot whales" / Youtube

"Dancing with Pilot Whales" / Youtube

South Park Episode - Whale Whores now available on the website

Orcas being captured in Taiji and sold to aquariums in 1997 / Youtube

Dying to make us happy: The bloody truth behind the dolphinarium / The Independent

Map of Japanese prefectures that permit dolphn hunting / All-Creatures.org

SAVE Japan Dolphins.org

Take Action / SAVE Japan Dolphins.org

The Cove / Take Part

The Truth About Captivity / Blue Voice

From Dolphin Hunt to Dolphin Watch in Futo / HSUS
From Dolphin Hunt to Dolphin Watch in Futo / Help Animals

The Cove Exposed
“Pilot whales are dolphins, and they have the highest levels of mercury of any species tested." Mr. O'Barry says.


"Amazing Dolphin Pod Footage" / Youtube

"Huge Dolphin Stampede" / Youtube

Dolphin/Whale Watching Information at 10 places in Japan by I.C.E.R.C (International Cetacean Education Research Centre)

Kadavu - a Pacific marine reserve / Greenpeace Youtube

Elsa Nature Conservancy

"A Polar Whale's Appeal" / The Oceania Project Youtube

Sea Shepherd - Japan
Blog from Operation Musashi by Japanese crew member

Norway, Japan Prop Up Whaling Industry With Taxpayer Money, Report Finds / Science Daily
The report notes similar use of taxpayer funds by Japan. During the 2008-09 season, the Japanese whaling industry, for example, needed US$12 million in taxpayer money just to break even. Overall, Japanese subsidies for whaling amount to US$164 million since 1988.

"SHARKWATER Director talks about how sharks aren't that bad" / Orlando Sentinel Youtube

Shirklife Plea video Youtube映像

"Bluefin's Final Chapter?" / Greenpeace Youtube

Tuna Town in Japan Sees Falloff of Its Fish - NYTimes.com

"The End of The Line" Trailer Youtube

"A Sea Change" Trailer Youtube
Ocean acidification threatens over 1 million speieces.

Greenpeace in sea boulder protest / BBC
Greenpeace creates a granite shield against destructive bottom trawling in Sweden.

Nuclear Waste Disposal Doesn’t Have to Be So Expensive: Mafia / Fire Earth
Italian authorities have located the wreck of a vessel with 180 barrels of toxic waste on board, which they say was sunk by the mafia, off the south coast of Italy. The sunken ship is reported to be one of more than 30 scuttled by Cosa Nostra.


PangeaSeed Presents: No Fin No Future

Urgent Help Needed to Protect Lemon Sharks!
The commercial fishers can wipe out the lemon sharks in just one or two seasons.

Greenpeace "Inspring Action" Youtube映像

Oceanic Defense
Their facebook page is very educational and includes daily updates about information of oceanic preservation.


"Synthetic Sea" / Algalita Marine Research Foundation Youtube
This short film "Synthetic Sea" tells us that Plastic Resin Pellets ("nurdles") absorb and concentrate toxins such as PCB, & DDE up to 1,000,000 times their level in ambient sea water.

Midway Message from the Gyre / Photography by Chris Jordan
The Great Pacific Garbage Patch: Chris Jordan's photographs of the plastic that seabirds mistakenly skim off the surface of the ocean and bring back to Midway to feed to their chicks. To learn more and find out what YOU can do to '...Take Back the Patch' --> http://www.oceanicdefense.org/campaigns/Great-Pacific-Garbage-Patch.html

What is the Great Pacific Garbage Patch? / Oceanic Defense

Project Kaisei Scripps Oceanography North Pacific Gyre / Dive Into Your Imagination Youtube

Okinawa island Hatomajima succeeded to convert garbage floated to the beach to energy. The energy will be used from the beginning of November (Japanese article).

"Wall of Death" Fishing Net Exposed / Greenpeace Youtube映像

What's the cost of Tuna Sandwich? / Oceanic Defense

"Turtle Incredible Journey" Trailer / Save Our Seas Foundation

Alibaba, World’s Largest B2B Site, Bans Sale of Ivory, Sea Turtle and Shark Fin / Common Dreams.org

"Amazing Jumbo Elephant Landing" / IFAW Germany Youtube

'thank you' to Palau / Shark Savers
On September 25, 2009 Palau declared itself the world's first National Shark Sanctuary and called for an international ban on shark-finning.
(*BBC reported that Palau only has one boat available to patrol an area of ocean the size of France. We hope the enforcement for oceanic protection will be discussed at Copenhagen UN Climate Change Conference in December this year.)

Coral Bleaching Animation / halsey7 Youtube

Disney Ocean Conservation Youtube

Oceanic Defense and Science Daily
How Mercury Emissions Reach Tuna And Other Seafood, And Why Mercury Contamination.

Scientists have predicted an additional 50 percent increase in mercury in the Pacific by 2050 if mercury emission rates continue as projected. Water sampling cited in the study shows that mercury levels in 2006 were approximately 30 percent higher than those measured in the mid-1990s.

The U.S. Senate Introduces Bill to Eliminate Mercury from Chlorine Production within Two Years
Oceana Applauds Congress for Fast Action to Regulate Pollution from Four Renegade Plants / Oceana


Oceanic Defense and Science Daily
Oceanographers Examine Mercury Levels Of Pelagic Fish In Hawaii


Oasis of the Pacific: Time is Running Out / zeroimpact Youtube

"Dolphin" IMAX - Music by Sting
The scientist in the film discovered that the way dolphins communicate with each other can be similar to the computer application such as compressing function. Dolphins can compress their messages in order for them to reach and open at the targeted place (using low and high frequency sound wave).

The Beauty of The Cove with Mandy-Rae Cruickshank and Kirk Krack Youtube

"CETACEA" trailer / Lawrence Curtis Youtube

Wahle watch / Daily Motion

Illegal Whale Meat Still on Japanese Menu / 13.7 BILLION YEARS

"Wild Ocean" IMAX Trailer / Youtube
Wild Ocean is about the largest marine protected areas in the world off the east coast of Africa that has most of its food web intact including apex predators.


Bye Bye Biodiversity / 13.7 BILLION YEARS
"It is hard to image a more important priority than protecting the ecosystem services underpinned by biodiversity," says Prof. Mace. "Biodiversity is fundamental to humans having food, fuel, clean water and a habitable climate." Professor Mace believes however that "the situation is not hopeless. There are many steps available that would help but we cannot dawdle. Meaningful action should have started years ago. The next best time is now."

Stockholm Convention on Persistent Organic Pollutants
Lists of chemical substances that persist in the environment, bio-accumulate through the food web, and pose a risk of causing adverse effects to human health and the environment.

2010- The International Year of Biodiversity

The Ocean Has Issues: 7 Biggest Problems Facing Our Seas, and How to Fix Them / Treehugger

Arctic ice to vanish in summer, report says / CNN
The Catlin Arctic Survey data supports the new consensus view that the Arctic will be ice-free in summer within about 20 years, and much of that decrease will be happening within 10 years.

Roadmap to recovery: Take Action! / Greenpeace
There is a growing body of scientific evidence that demonstrates that the establishment of large-scale networks of marine reserves, urgently needed to protect marine species and their habitats, could be key to reversing global fisheries decline and restoring our oceans. Greenpeace's plan to set aside 40 percent of the world's oceans as no-take zones could mean survival for sharks, tuna, whales, and a wide range of threatened and endangered species.

Pingers
Fumunda is widely recognised as the world leader in the design and manufacture of marine mammal acoustic alarm devices commonly known as "Pingers".

Let's ask IWC (The International Whaling Commission) to include the small whales such as dolphins and pilot whales to the moratorium in addition to the large whales. (The whales that are smaller than 4 meters long are not protected by IWC)

Sending your opinion to the new Japanese ruling party, The Democratic Party of Japan
Let's ask the Japanese government to unlist dolphins and whales from the animals that are not protected by Wildlife Protection and Hunting Law, handled by The Ministry of The Environment.

National Geographic BEST pictures for the year

"A Life Connected" brought to you by NonviolenceUnited.org
The most simple and easy way to save the earth!

IFAW Animal Rescue - Phillipines


We would like to thank all those who have helped to distribute and share the important information with us.


〜 〜 〜





At last, we are introducing the telephone interview of Mr. Sugimoto from the Taiji Fishery Union by CFT's Kozue Watanabe.


Mr. Sugimoto of the Taiji Fishery Union (who has met Mr. Ric O’Barry and Louie Psihoyos) made the following comments concerning the dolphin slaughter and the film "The Cove".

<About exporting dolphins>

2007/2008: The point of sale and export of dolphins (both for aquariums and for use as food) has been requested fairly regularly since the making of the movie The Cove. As activities opposing dolphin hunting have grown vigorous, the point of sale and related data cannot be made public. He added that even if you ask the Whale Museum or the Ministry of Agriculture, Forestry, and Fishery, they will not release that information.

Dolphins are not exported overseas for use as food. However, as the dolphin meat is sold to domestic vendors (through bidding), we cannot know whether or not those vendors are selling the meat overseas.

<About The Cove>

Mr. Sugimoto saw only a trailer for The Cove, and heard more about the full length film from the American Embassy and people living in America. His knowledge of the film is based on those stories.

Concerning OPS and Mr. O’Barry, Mr. Sugimoto expressed his anger at their unfair methods, if only indirectly. When asked whether or not he understood that the movie is not a criticism of the people of Taiji, or the town, nor is it a form of Japan bashing, he replied with surprise, “Oh, is that right?”

OPS (directed by Mr. Psihoyos) used a dishonest approach in order to receive permission to film. They said that they wanted to film the shoreline and beautiful scenery. In spite of their actual request, their goal was to film the dolphin slaughter.

I heard that the film of dolphin slaughter from places other than Taiji were also used as though they were from Taiji as well. These types of manipulations were used in order to elicit an impression of complete cruelty.

That schools previously used dolphin meat in school lunches is not true. It was not dolphins, but pilot whale, or blackfish, meat that had been served in school lunches.

<About mercury>

If it is compared to the mercury that causes Minamata disease, native, or natural mercury is different from the methyl mercury produced by industrial pollution. It is true that the amount of mercury in dolphin meat is more than the amount determined safe by the government, but the mercury found in dolphins in Taiji is native mercury. We have been using dolphins as food in our town for many years, and there has been no outbreak of an endemic disease due to mercury; in other words, it is a safe food.

The method of killing, too, is improving. Now we do not use the method employed in the film of killing with a spear, but a different method, in which the dolphin dies quickly in 2 or 3 seconds. However, since this method is currently in a testing stage, it cannot be made public.

About 20 years ago, people who wanted to see this last bastion of hunting could go by boat and be shown it. However, because the “cruelty scene” movies and conservation groups emphasize the cruelty of dolphin hunting, now the general public is not shown the dolphin hunt.

Taiji is a town in the mountains with no land for agriculture. It is dependent on the fishing industry. Dolphin hunting and the eating of dolphins by people in Taiji should be respected as a culture that has been ongoing for many years. Just as America has a culture in which cows and pigs are killed and eaten, Australia has a culture in which kangaroos are killed and eaten, and cultures in which dogs are eaten and cultures in which monkeys are eaten exist in other countries -- what is killed and eaten in those countries and regions should be respected.

Targeting a problem in Japan benefits America in numerous ways. They emphasize that by hunting dolphins, Taiji is “killing the intelligent dolphins with cruel methods;” as a “cause” to prevent it, they can collect assistance funds and donations for its prevention. America is the kind of country that can easily collect such donations. Even when it comes to such questions as carbon dioxide emissions or nuclear power, Americans base their political choices wholly on national interest.

The conversation was calm from beginning to end. Throughout the questioning while there were times when Mr. Sugimoto did not clearly respond, he essentially answered politely. As a member of the fishing industry union, I believe these are natural responses. At the same time, Mr. Sugimoto said there were absolutely no plans for ending or reducing the dolphin slaughter.

Taiji Fishery Union

Supermarket operated by Taiji Fishery Union

From Taiji bay

Summary report in the 61st Joint FAO/WHO Expert Committee on Food Additives (JECFA)
It is estimated that methylmercury accounts for 75-100% of total mercury in seafood.


Large whales and small whales

Mercury danger in Dolphin Meat / The Japan Times
Dr. Endo's tests revealed that Taiji residents had mercury levels about 10 times the national average.

Taiji tests residents' hair to gauge mercury levels from dolphin meat / The Japan Times
Taiji, Wakayama Prefecture, has taken hair samples of residents to determine how much methyl mercury is in their bodies from dolphin meat they have eaten linked to the town's contentious annual slaughter of the mammals. An official of Taiji's Resident Welfare Division told The Japan Times on Wednesday that the town of some 3,500 people took hair samples from those who went in for regular health checkups and agreed to submit them for testing between June and August. The test results are expected to be in by the end of March. (The dolphin hunting season finishes at the end of February and whaling at the end of April.)






Appearing here soon will be an interview with a representative of The Fisheries Agency, and a Q&A with the government representatives of each prefecture that is being given permission to hunt dolphins.
If you register here , you will be receiving our free newsletter as soon as the article is uploaded.


Translation by Sarah Justeson
Interview text modified by Kozue Watanabe
/ CFT
Interview by Masami Mizuguchi and Kozue Watanabe / CFT
Text by Masami Mizuguchi / CFT